脇の臭いの原因は汗と細菌が関係しています。

 

汗と聞くと全て同じだと思う人がいると思いますが、実は種類があります。
人の体にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺と言う汗腺が存在します。

 

エクリン汗腺は全身に存在しています。
ここから出る汗は、1日に大体2リットル前後出ていて体温調整や肌の乾燥防止などの役割があります。
エクリン汗腺から出る汗の99%は成分で残り1%が塩分です。
そのため、無色無臭でサラサラしています。

 

それに比べアポクリン汗腺からでる汗には、脂肪・たんぱく質・アンモニア・尿素などを含み乳白色で臭いがあり、粘り気もあります。
出る量を見ると、エクリン汗腺に比べかなり少ないです。
1度出ると24時間は出ないと言われています。
脇の下・へそ周り・陰部・耳など毛の濃い部分にあります。(頭皮には無い)
アポクリン汗腺から出る汗の役割は不明です。

 

どちらが臭いの原因かと言うと実はどちらも臭いの原因になります。
アポクリン汗腺から出る汗は汗自体が臭います。
なので、それは納得し出来ると思いますが、なぜエクリン汗腺から出る汗が臭いの原因になるかと言うとそこに細菌が関係してきます。
どちらの汗もかいたまま放って置くとそこで細菌が繁殖し、汗臭いと言われる臭いになります。
どんなに無臭でも細菌が繁殖してしまっては、臭いが出てきます。
特にアンモニアや尿素を含むアポクリン汗腺から出た汗の方がより強い臭いになります。

 

特に細菌が繁殖するのに脇の下は適しているのです。
脇の下は通気性が悪く36〜7度と細菌が繁殖するには適切な環境になってしまっています。
さらにそこに汗をかいて放っておくことで細菌の餌になってしまいます。

 

このようにして脇は臭うのです。

 

 

 

・動物性の脂肪を取り過ぎない
動物性の脂肪を取りすぎると皮脂の分泌が増え、臭いがきつくなってしまいます。

動物性脂肪を多く含む食べ物 ・肉の脂肪(鶏、豚、牛)・バター・牛乳・卵 などなど

 

・アルコールを取り過ぎない
アルコールを取ることで体が温まり汗腺の働きが活発になります。
そのため、臭いがきつくなります。
特に飲んだ次の日の朝に臭いがきついと感じたことのある人が多いようです。

 

・ビタミンAとCを積極的に摂る
ビタミンAには皮膚の代謝を促す効果があり、細菌の増殖を抑える効果があります。
ビタミンCは抗酸化作用があり、皮膚の表面で皮脂が酸化するのを抑えてくれる効果があります。
この2つにはこのような効果があるので、積極的に摂るように心がけるようにしましょう。

ビタミンAを多く含む食べ物 鶏レバー・モロヘイヤ・にんじん・ウナギ・パセリ・小松菜 などなど
ビタミンCを多く含む食べ物 アセロラ・ゆず・レモン・ピーマン・パセリ・焼き海苔 などなど

 

ワキの臭いの原因は汗腺と細菌だと言いましたが、実は衣服も臭っているのです。

汗と細菌が衣服に着くことで、徐々に細菌が繁殖して臭ってきてしまうのです。
なので、出来るだけ汗をかいたら着替えた方が臭い対策には良いでしょう。
しかし、そう言うわけにも行かないと思うのでワキ汗パットを付けてこまめに取り替えることである程度防げるでしょう。