加齢臭

 

加齢臭と聞いて自分には関係ないと思っている女性の皆さん、それは大きな間違いです!!
女性でも加齢臭はします!!
早い人だと30代からからでもしてきてしまいます。
その原因とは何なのでしょうか。

 

加齢臭の原因はノネナールと言う物質です。
ノネナールとは毛穴から出た皮脂が皮膚表面に残り酸化することで出来る物質です。
皮脂が臭いの大元なので元々皮脂が女性よりも多い男性の方が加齢臭が起こりやすいのです。
そのため、加齢臭と言えば男性と言うイメージがついてしまっています。
しかし、女性でも背中や胸などの皮脂腺が多くあるところは、若くても加齢臭がしてきます
さらに、閉経した50代・60代以上の女性はほとんどの人から加齢臭がしてきます
それは女性ホルモンが関係しているためです。

 

閉経前の女性は女性ホルモンが多く分泌されているため、皮脂を防ぎ酸化もしにくいのでノネナールが発生しにくい状態なのです。
しかし、閉経し女性ホルモンの分泌が減ってきてしまいます。
そうなると男性と同じく加齢臭がしてきてしまいます。

 

なので、女だから関係ないと思わずに対策はしっかりした方が良いでしょう。

 

 

女性から加齢臭がしてくるのは女性ホルモンの低下なので、逆に考えればいつまでも女性ホルモンを出せればいいわけです。
女性ホルモンを分泌するために1番簡単な方法は、ドキドキすることです。
ドキドキと言っても恐怖などのドキドキではなく、人を好きになったりする方のドキドキです。
よく女性は恋をすると綺麗になると言われていますが、あながちウソではありません。
ドキドキしたりすることで、女性ホルモンが分泌されるのです。
そうすることで肌が綺麗になったりするなど若々しくいることも出来て、加齢臭を防ぐことも出来ます。
ドキドキはアイドルなどに対してでも効果があります。
なので、韓流スターにはまっているおば様方などは女性ホルモンが分泌して綺麗になっていくのです。
加齢臭も防げて綺麗になれるこの方法は試してみると良いでしょう。

 

 

加齢臭は皮脂が原因で起こるので、皮脂が出やすい食事は控えましょう
例えばポテトチップスなどのスナック菓子や揚げ物など油っぽいものなどは皮脂が分泌しやすくなります。
出来るだけ控えた方が良いでしょう。
そして、抗酸化作用のあるものをたくさん摂るようにしましょう
ビタミンCとE、ベータカロチンなどです。

ビタミンC ピーマン、パセリ、アセロラ、ゆず、レモン、焼き海苔 など
ビタミンE 煎茶、抹茶、アーモンド、ヘーゼルナッツ、ひまわり油 など
βカロテン モロヘイヤ、青じそ、にんじん、ほうれん草、マンゴー など

これらのものを多く摂るように心がけましょう。

 

大豆製品も積極的に摂るようにすると良いでしょう。
大豆製品には大豆イソフラボンが多く含まれています。
大豆イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをするため、女性ホルモンの手助けになります。
なので、毎日意識して摂るようにしましょう。

 

 

加齢臭の対策として生活習慣を見直してみることをおすすめします。

ストレス・アルコールの飲みすぎ・睡眠不足・喫煙なども加齢臭の原因になってしまうので改善した方が良いでしょう。
特にアルコールの飲みすぎた後など臭いがキツくなる傾向があります。
禁煙も加齢臭だけでなく、体臭自体強くしてしまう傾向もあります。
どちらも自分の意思で控えることの出来るものなので、気にして制汗剤をがんがん使うよりもこのような生活習慣を見直してみましょう。