冬になると気になりだすのが足の臭いではないでしょうか。
足は夏異常に冬に臭います。
なぜかと言うとブーツやストッキングなどで足が蒸れやすくなっているためです。

 

足の臭う原因は汗と細菌と角質です。
足には汗自体が臭うアポクリン汗腺は存在しません。
しかし、エクリン汗腺は他の体の部分の3倍以上も存在するそうです。
エクリン汗腺から出る汗は無臭なのですが、細菌を増やす原因になってしまいます。
足は1日のうちにコップ1杯(約200ml)もの汗をかくと言われています。
そしてブーツやストッキングなどの通気性の良くない物を履くことで、さらに汗をかき蒸れてしまうので細菌がドンドン増えます
さらに蒸れをそのままにしておくと水虫の原因にもなってしまうので、対策が必要です。
ガサガサの足の裏のままにしておくのも臭う原因になります。
ガサガサした角質は取れやすく、取れたものや取れたことろは細菌が増えやすい環境になっています。
これらのことはしっかり対策することで臭いにくくなります。

 

 

足の臭いを予防するには清潔にしておく必要があります。

毎日入浴時にしっかり洗うことが大切です。
しかし、洗う際にボディーソープはおススメ出来ません。
ボディーソープには保湿効果があり、足を蒸れやすくしてしまいます
なので、固形の保湿性の低いものや殺菌用のある石鹸を使うと良いでしょう。
洗うほかにも角質をしっかりケアしておく必要があります
足の裏がガサガサになっていたりすると、角質が取れやすくその取れた角質を餌にしてさらに細菌が増えやすくなってしまいます。
なので、こまめに角質ケアをするように心がけましょう。

 

 

足は蒸れることで細菌が増えるので、通気性を良くし蒸れさせないようにすれば良いのです。
ブーツや革靴を履く際は合成革ではなく、本物の革のものを履くようにしましょう。
本物の革の方が通気性が良く、合成革のものより蒸れずらいです。
蒸れずらいと言っても蒸れることに変わりないので、長時間履かないようにした方が良いです。

 

履いた後はしっかり乾かした方が次に臭いにくくなります
消臭スプレーなどで消臭してもしっかり乾かさないと意味がありません。
お金を掛けずに乾燥する方法として、お菓子などに入っている乾燥剤を1つ入れておくと湿気を吸ってくれるので便利です。

 

 

靴は同じものを履きまわすのはやめましょう。
同じものを毎日履いているとしっかり乾燥させることが出来ず、臭いやすくなります。
2足でも条件によって乾きにくい場合もあるので、最低3足を毎日履き替えるようにしましょう。
お気に入りを履き続けたい気持ちも分かりますが、靴を毎日変えて気分も毎日変えるのも良いと思います。